内臓脂肪を減らそう

内臓脂肪とはお腹全体が丸く出てきたいわゆるタヌキ腹の事です。

女性は女性ホルモンの影響を受け、腰回りや脚の付け根に多く

脂肪が付く洋ナシ型と言われ、内臓脂肪は圧倒的に男性に多く

見られリンゴ型肥満と呼ばれています。

内臓脂肪はやっかいな事に高血圧や高脂血症になり易く、放置

しておくと死因原因2位と3位になっている心筋梗塞や脳梗塞に

進行していきます。

対策としてはまずは食生活の改善です。

1、お腹ペコペコで腹一杯食べない

2、夕飯後すぐに寝ない(3Hは寝てはだめ)

3、炭水化物同士の食事はやめる(うどん+おにぎり、ラーメン+白飯など)

4、油っこいものを頻繁に食べない(天ぷらやとんかつなど)

そして運動です。(有酸素運動として1回30分位のウォーキングなどが良い)

一番のお勧めは筋トレ後の有酸素(30分)

筋トレで代謝を上げ、身体の中の糖質を使った後の有酸素運動は相乗効果を

上げられます。

日常生活の中でぜひ工夫をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です