早食いは太る

食べる速度と肥満度の関連を調べた所、食べる速度が速い程、体重や

BMI(身長と体重のバランス数値)が大きくなる事が分かりました。

ある一定の期間(2~3ヶ月)の間に同じ速度で食べるグループを分け

て実験をしました。

かなり遅いグループとかなり早いグループの体重を比較すると中年女性

と大学女子では平均で6Kgも差があり、中年男性では9Kgも違うと

いう結果が出てます。

それではどうして早食いは太るのでしょうか?

早く食べると血糖値の急激な上昇により、それを下げる為、インシュリン

が膵臓なら大量に分泌され、結果余分な身体の糖分が体脂肪として蓄積

されます。

又、早食いというとついついハンバーガーをコーラで流し込むとか牛丼

やかつ丼などの丼物をかきこむとかうどんやラーメンをすするという風

になりやすいですね。

例えば和食の代表的な和定食などは主食、主菜、副菜に分かれており、

三角食いする場合、そんなに早くは食べられません。

和定食など野菜やキノコ類、豆類などの食物繊維が多いのでバランス

も良く、太りにくい食事と言えます。

食物繊維の多い食事を出来れば3食食べましょう。

40台以上の方は食べ方を注意してゆっくりと食べる習慣をしてみて

ください。

気を付ける事

1、食事は出来るだけゆっくりと食べる

2、良く噛んで食べる(30回以上)

3、野菜から先に食べ、炭水化物からは食べない

4、食物繊維の多い物を食べる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です