太りにくい食べ方

食事の時に太りにくい食べ方があるのはご存知でしょうか?

まず空腹を出来るだけ避けてください。

空腹で糖質を食べれば膵臓からインシュリンというホルモンが大量に出てしまいます。

このホルモンは血糖値を下げる働きもしますが、脂肪を体内に取り込む作用もあるので

す。(現在お腹が出ている方は空腹でお腹いっぱいという食べ方の人が多いのです。)

お腹ペコペコになる前に小腹が減った時に食べるのが良いのですが、もしかなり減って

から食事する場合はインシュリンが分泌されにくい食べ方をしてください。

それは先に炭水化物(ごはん、パン、麺類)から食べない事です。

まずはサラダ、スープ、味噌汁から摂取してその後におかず(魚、肉、大豆製品など)を

摂り、その後に食べれば良いのです。

順番を変えるだけで同じ量を食べても太りにくいのです。

又、食品を少し変えるだけで同じ量を食べても太りにくいです。

例えば、うどんよりそば、食パンより麦パンや胚芽パン、白米より麦ごはんなどです。

ちょっと食べ方を変える事により脂肪になりにくい食べ方の工夫をしていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です