インターバル速歩

健康の為によく一日一万歩を目標にと言われますが、実際には気をつけて一日過ごしてもなかなか

一万歩は難しいですし、ゆっくり散歩の様に歩いたのではいくらやっても強度が軽すぎて運動効果としては難しいです。

筋肉はただ歩くだけでは年齢と共に減って行く筋量の維持は出来ません。

その為に効果的なのは「インターバル速歩」です。

これは簡単でややきついと感じる位の早歩き(腕を大きく振り、ストライド(歩幅)を大きくかかとから着地する方法)と普通歩きを3分づつ交互に繰り返すだけでOKです。

このインターバル速歩の効果として普段よりも強い負荷が筋肉にかかります。

散歩では使わない大殿筋やハムストリングなどの筋肉に刺激を受けます。

その刺激により筋肉の維持向上が出来、また心肺機能や循環器系の向上や筋肉が動く為の糖質代謝機能も上げる事が出来ます。

時間は目標30分、少なくとも20分はやってください。

週に2回位が効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です